引っ越しました

2009年07月01日

ハトがきらい

ハトがきらいだ。

はと_400.jpg

狂気じみたオレンジ色の目とか、
オイリーにギラギラ光る首筋とか、
くちばしの上に中途半端に付いてる何かとか、
そういう、見た目のいろいろもイヤなんだけど、


――――――――――――――――――――――――

なにより、

「人間はみんな自分達の事が好きなハズ!」
思い込んでるような態度が鼻につく。
平和の象徴だかなんだか知らんけど調子のるなよ。

鯉にパンをあげてると、すぐに飛んで来て、
当然のような顔をして近寄ってくる。
「おい、はやく、くれよ」と言わんばかりに。
それも大群で。じゃまくさいったらない。

一方、すずめはハトのずっと後ろで、
「よかったら、こっちにも投げてくださーいチュンチュン」
ピョンピョン跳んでアピールしてる。
つつましやかでかわいいじゃないの。

だから、ハトをスルーして、すずめの方へ投げてやるんだけど、
すずめより体の大きなハトは、すずめを蹴散らし、
当然のように奪い取ってしまうんだ。ああ、にくらしい。


糞害もひどい。人道橋の手すりはいつも糞まみれ。
ぼくのオートバイのシートも1週間に1度は糞で汚される。
どこかへ出掛ける直前に気が萎える。ホントやめてほしい。


あと、朝、たまにやってる

ほーっ ほーっ ふっふーっ

  ほーっ ほーっ ふっふーっ

というあの鳴き声は、いったいなんなんだろう。
ムクドリみたいにうるさいとかなら分かりやすいんだよ。
でも、あの鳴き声はヘンなメロディやリズムを繰り返すという、
じわじわと神経をさかなでる感じで質が悪い。


 ▲これ。

ほんとにいやな鳥だよ。

posted by さくらい | 自然 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。