引っ越しました

2009年07月09日

ミノムシ完結

そうそう。
ちょっと前の事になるけど、忙しくて書けなかった
ミノムシについて書いておこう。

これが、すげぇんだ。おどろきの急展開。

前記事でミノから落っこちて、うんこに似てるサナギになったミノムシ。

ミノムシ9221_400.jpg

その後、どうなったのか。開けてみた。


――――――――――――――――――――――――

パカッ

ミノムシ9222_400.jpg

!?


ミノムシ9224_400.jpg

よ、幼虫に戻ってるではないか!!


いや、まてまて。

“戻ってる”わけじゃないぞ。

だってミノに入ってた頃は、

みのむし糸の中090430.jpg

こういう姿だったハズだぜ。ぜんぜん別人だ。

幼虫の時のほうが、明らかに高等生物っぽい。退化してる。

なに、このサナギになり甲斐のない姿は。


ミノムシってミノガっていう蛾の幼虫じゃなかったの?

ぜんぜん蛾じゃないじゃん!

蛾以外でも、ミノを作る虫がいたって事?





うぉぉぉぉぉぉぉお、まるで分からんんん!!

誰なんだ、おまえは!

ミノムシ9227_400.jpg
 ▲頭を持ち上げたところ。可動部は首だけみたい。


すっかり混乱してしまったので、ネット上の昆虫ハカセに聞いてみた。

ハカセ曰く、

ミノムシのメスは一生、羽化しないんだよ。
手足どころか目や口すらない産卵の為だけの成体になるんだよ。


…なんだってさ!

へぇ〜なるほど、それでこの姿ってわけか。
知らなんだ。勉強になるなぁ〜。

こうした幼体の性質が残る現象の事をネオテニーというんだそうだ。
人間界にもネオテニーな人はわりといる。


さてさて、これにてミノムシシリーズ完結。

毎度毎度、ドラマチックな展開で、
充分、好奇心を満たしてくれた。

ありがとうして、捕まえた所に逃がしてあげた。

いい男みつけてね。(あ、目が無いんだっけ)




<ミノムシシリーズ>
1.ミノムシ遊び
2.ミノムシ結果
3.ミノムシその後
4.ミノムシ完結


posted by さくらい | 自然 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。