引っ越しました

2009年07月16日

小さなアプリ

macでゴミ箱を空にする方法はいくつもあるが、
メニューを引っ張り出して選択する必要がある。

ファイルをゴミ箱に入れるショートカット(cmd+delete)はあるが、
ゴミ箱を空にするショートカットはない。

ボタンぽちっでゴミ箱を空にしたい。
ふと、そう思った。

そこでAppleScriptで作る事にした。
起動するとゴミ箱を空にするだけの簡単なアプリ。



――――――――――――――――――――――――

作り方


1.「スクリプトエディタ」を開く

AppleScript1.gif
 ▲アプリケーション/AppleScript内にある。見つからなければ検索。


2.エディタウィンドウに以下のように記述。

AppleScript3.gif
 ▲ちなみに左上の「記録」ボタンを押すと「中止」を押すまでの動作を自動的に記述してくれる

tell application "Finder"
empty trash
end tell



3.「アプリケーション」で保存

AppleScript4.gif
 ▲オプションはさわらなくてOK。保存したらエディタは閉じてよい。


4.ツールバーもしくはサイドバーに設置。

AppleScript5.gif
 ▲関係ないけど「GUNDAM」や「GELGOOG」は外部ハードの名前。バカですみません…


完了。これでぽちっと空にできる。




ちなみに、ぼくがよく使う「名前で並べ替え」も、
Finder→表示→並べ替え順序→名前というプロセスを踏まないといけない。
面倒なので、これまた同様の方法でアプリを作った。


エディタウィンドウに以下のように記述。

AppleScript2.gif

tell application "Finder"
clean up Finder window 1 by name
end tell



完了。これでぽちっと並べ替えできる。




posted by さくらい | 技術 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。