引っ越しました

2009年09月02日

トングミステリー

これはトング。食品をつまみあげる道具。

IMG_2099トング.jpg

散歩中、公園で見つけた。
なぜ公園のド真ん中に調理器具が落ちているのか…

――――――――――――――――――――――――
例えば…


 どっかの奥様が近所のスーパーでセルフサービスの
 白身フライを3枚ほど摘まみ上げ、パックに詰めたが、
 うっかりトングも一緒に詰めてしまい、帰り道でその事に気づいた。
 返しにいこうと思ったが、恥ずかしいし、面倒くさい。
 えーい、ここに捨ててしまえ。ポイッ。


考えられる状況としては、こんなところか。


いや、待てよ。おかしくないか?

うっかりトングを詰めてしまったところまではいいとしてもだ、
精算中、店員がパックの中に何枚フライがあるか数える時に気づくだろう。

もし、それを切り抜けたとしても、帰り道、それも公園のド真ん中で、
買物袋を開けて確認したりするだろうか。
そもそもスーパーからの帰りに、公園に寄る事自体、変だ。

いや、買物袋が重くて一休みしたかったのかもしれない。
でも、それなら公園内の端に設置されたベンチに腰掛けるだろう。
ド真ん中であぐらをかいて休むなんてあり得ない。

それならベンチから公園のド真ん中へ向けて投げたのか。
ベンチに腰掛け、ふと見た買物袋の中に、トングを見つけて、
「えーい、捨ててしまえ」とド真ん中に向けてポイッ!
それなら…!

いや、それもどうか。
うっかり持ってきてしまったのに返さず捨てる…
どう考えても良くない行為だ。
それをわざわざ公園のド真ん中に向かって投げるだろうか。
やましく思うのなら、なるべく目立ちたくないはず。
見つからないよう草むらとかにそっと投げ込むんじゃないか。

とすると、だ。
草むらに捨てられたものを子供が見つけたのかもしれない。
ここは公園。子供達が集まる。充分ありえる。
子供は何でも遊び道具にするからな。
虫やら小枝やらを摘んで遊んでて、飽きたからポイッと。
それが、たまたまド真ん中だった。それならありえる。

あ、いや、ちょっと待て。
それにしてはトングがきれいすぎるのが気にかかる。
風雨にさらされれば、多少、錆びたり汚れたりするはずだ。
子供が遊んだのなら、尚更、汚れるだろう。
ところがどうだ、見つけたトングはピカピカじゃないか。

では、いったい!?

謎が謎を呼ぶ展開! 面白くなってきたぜ!




posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。