引っ越しました

2009年12月30日

川にはまつた

091230_1042~01.jpg
下のおいっこは下のおいっこで、飛び石が頭を出す浅瀬をピョンピョン跳んでて、足を滑らせてジャボン。足首から下が水浸しになってしまった。一回こうなれば何回やっても同じ。その後は自ら、ジャボジャボ水の中を歩いていた。ぼくはそれを笑って見てた。これそのものは問題ない。

問題は親であるところの妹だ。このまま帰ったら怒られるではないか。「川禁止!」「自転車禁止!」「ゲーム禁止!」これまで数々の禁止令を発令してきた禁止大王だ。いくらおじさんが「平気平気、大丈夫、まぁいいじゃん。へっへっへープー」とか言っても、そんな事は関係ない。おじさんよりお母さんの方が決定権が上!これが現実です!現在の日本なんです!

というわけで言い訳を考えた。「突如現れたUFOが着水して水が…いやUFOは突飛すぎるか…」「いじめられた河童を助けたら家にご招待されて…これもなぁ…」家に帰ってからも言い訳会議は続いた。最終的に『おじいちゃんの盆栽に水をやってたら手元が狂ってびしょびしょ』作戦に落ち着いた。良い事をしてる最中の失敗…イケル。イケルぞ。名案だ。

おいっこを連れ、禁止大王がいる部屋の脇を「さ、さああて、おじいちやんのぼんさいにみずでもやるかああ あ」「そおだねやろおやろおお」と完璧な演技で通過。水をやるフリをした上で「あああ、しまつた。てもとがくるつておいつこのあしにみずがかかつてしまつたよお。こんなつもりじやなかつたのになあ。まいつたまいつた」とぼく。おいっこも「あああ、おじさん、なにするのお。びちよびちよになつてしまつたじやないかああ。これはこまつた」と、またもや大王に聞こえる大声で完璧な演技を披露した。そのまま何喰わぬ顔で家に入ろうとしたら、なんと入口で大王が仁王立ちで待ち構えていた!

「あんたら、何やったの<(`⌒´)>」

(°_°)(°_°)(°_°)ギクッ×3

「どうせ川にでも、はまったんやろ<(`皿´)>」

(°д°)(°д°)(°д°)ギクギクッ×3 ば、ばれてる!

作戦失敗!妹の洞察力を甘く見ていた…

っていうか、服にクッツキムシ(トゲのある植物の種)がいっぱいくっついていて、忍者ごっこをしてた事まで見破られた… 辛うじて川禁止は免れたけれど結局怒られた…

惨敗…_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○ 大王おそるべし!

もし今度、こんな事があったら『草むらから出てきた野良象が鼻から水をかけてきた』作戦でいくか…なんて言ってると、いつか「おじさん禁止令」が出るかもしれないので、ほどほどにしておこう…スンマセンデシタ。

posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする