引っ越しました

2010年01月10日

林文具店の思い出3

コレのつづき


帰ってきたコーケッピのかぁちゃん。

コー母「ただいま〜。あら、さくらい君、来てたの?」

ぼく「おじゃましてまーす」

コー母「ゆっくりしていってね。あ、そうだ。チョコ食べる?」

ぼく「ありがとうございます!」

ファミコン手に入れて、チョコまでもらえて今日はなんていい日なんだ

・*:.。. .。.:*・゜゚・* (´ー`*)・*:.。. .。.:*・゜゚・*

と、ところがだ!!


――――――――――――――――――――――――

コー「ぼくのはー?」

コー母「ごめんね〜。1コしかないの」

コー「えーぼくもほしいぼくもほしい〜」

コー母「じゃあ、はんぶんこしなさい、ね」

コー「やだよー1つほしーいー」

なんと、コーケッピは泣き出した。
もともと、タラーンとした奴だと思っていたが、
ここまで甘えん坊だったとは…

キョトーンとするぼく。
チョコ一枚で泣くかぁ〜?
もし、ぼくが親にこんな態度とったら、
はったおされて終わりだろう…

ぼく「…いいよ。コーケッピ、食べやぁ」

コー母「まーごめんね。もーこの子はぁ」

コーケッピはグスグス言いながらも、
チョコを受け取り、無言でかじっていた。



と、まぁ、こんな一悶着がありつつも、
気を取り直し、ぼくはファミコン本体をコー母に見せた。

ぼく「おばさん、ぼく、ファミコン買ったんだー♪」

他意はない。まぁ、なんていうか、子どもだったのでね…
誰にでも自慢したかったんさ。

コー母「あらー、いいわねー! 高いんでしょ、これ。
    誕生日に買ってもらったの?」

ぼく「んーん。自分で…」

と、その時だ!!!!

脇でチョコをかじっていたコーケッピが
再び、声をあげて泣き出した!!!

コー「ぼくもほしいぃーーービェェェェエエエエエ」

呆れてしまった。おいおい、コーケッピよ…おまえは赤ちゃんか。
チョコとはわけが違うだろ。そんなね「ほしい」ってぐずったくらいで、
おいそれと買ってもらえるような…

コー母「もーしかたないわねぇ。いくらするの?

へ?(°д°)

ちょちょちょちょちょちょ、おかあさま!?
ここは、はったおす所でございましょう!?
なぜ、金額をお聞きになられる!?
それじゃ、まるで…

コー「グスッ ヒック…いちまんえんくらい」

いちまんえんくらい〜〜?(`皿´#)

いちまんよんせんぱっぴゃくえん、じゃい!!
要求するなら、せめて金額くらい把握しとけ!!

コー母「えー、そんなに高いのぉー!?」

これでさすがに、はったおされよう。
コーケッピよ、人生そんなに甘くは…

コー母「えー…もぉ〜、どこで売ってるの?

ちょちょちょちょちょちょ、おかあさま!?
ここは、はったおす所でございましょう!?
なぜ、売っている場所をお聞きになられる!?
それじゃ、まるで…

コー「ヒグッ グシッ …わが、わがんな…エグッ」

わかんねぇだ〜〜?(`皿´#)

こちとら、半年も内偵してやっと売ってる所を探しあてたんじゃい!!
要求するなら、せめて売ってる場所くらい把握しとけ!!

コー母「わかんないじゃ、買えないでしょー」

そしてクルッとぼくの方を見て、魔の一言。

コー母「さくらい君は、どこで買ったの?」

お、おかあさまぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
そりゃあんまりですだぁ〜。半年ですよ? 半年!!
ぼくがどれだけ苦労して探し当てたか!!!

でも、教えない正当な理由がない…

ぼく「は、林文具店で…」

コー母「あらそ」

この瞬間、ぼくが半年分かかって掴んだ特S級の情報を
コー母はものの5秒程度のやりとりで手に入れた。
もちろん、コー母はそんな事、知る由もない。
ないからこそ「あらそ」なのだ…

おかあさまぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
おかあさまぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
はったおしあそばせよ!
おはったおしあそばせよぅ!
グズッたからってすぐ買い与えては、
お子様の教育上よろしくな…



……ぃゃ、もうムリだ。ぼくが脳内でなんと叫ぼうとも、
もうこの流れの行き着く先は変わりそうもない。
なんせ、金額を聞いて、場所まで聞いてんだ。
もし買い与えるつもりがないのなら、そんな事は聞くはずない。

それを知ってか知らずか相変わらずピーピー泣くコーケッピ。
泣きたいのはこっちだっつーの…

コー母「じゃあ、行くわよ。いつまで泣いてるの」

でぇっすよねー! こぉんちきしょーい!
(ノTДT)ノ⌒┻┻・..。;・' .。
 ←脳内ちゃぶ台返し

いや…いいんだよ。泣いてるからって、
チョコみたいに、ぼくのファミコンをあげるわけじゃないんだ。
ぼくはぼくのファミコンが当然、そのまま残るし、
コーケッピはコーケッピでファミコンを手に入れられる。
2人ともファミコンをゲットしてニッコニコ…それでいいじゃないか…

でも、なんだ、この釈然としない気持ちは…
ふつふつと沸き上がる言い知れない感情は…
ファミコンを手に入れた瞬間のあの喜び絶頂から、
奈落の底へ叩き落とされたような絶望感は…!!!

そして、未だピヨピヨ泣き続けるコーケッピよ…
なんなんだおまえは。ほんとに、いったいなんなんだ。
聞こえなかったのか? かぁちゃん、買ってくれるってよ。
ぼくの1年強にわたる貯金と半年にわたる内偵の成果を、
おまえはものの10分程度グズっただけで手に入れられるんだ。
こんな幸せな事はないだろうさ。

なのに…

なのにだ…

おまえは、なぜ泣き続ける!?

わけがわからねぇ…

わけがわからねぇ…

わけがわからねぇぞ、

こんちきしょーーーーーーう!!

・゚・(ノД`;)・゚・ヽ(`皿´。)ノ=3


つづく


posted by さくらい | 追想 | 更新情報をチェックする