引っ越しました

2010年03月31日

情けは人の為ならず

「情けは人の為ならず」という言葉がある。

「親切にする事は本人の為にならないから無闇に親切にするな」
これは誤り。未だに誤解してる人も多いようだ。

「親切は巡り巡って自分に返ってくる。自分の為に親切にしなさい」
これが本当の意味。

まったく逆の意味になっちゃってるのが面白い。

それにしても、
本当の意味の方も、なんだかしっくりこない気がする。

なぜなら、露骨に見返りが前提になってるからだ。
逆に言えば、もし自分に返ってこないのなら親切にしないのか、と。

親切にするって事は、それそのものが、うれしい。

何かしたいと思える相手が「いる」という事が、うれしい。
その何かをする事が「できる」という事が、うれしい。
その上、もし相手に喜んでもらえたのなら、尚うれしい。

「うれしい」なんて事は、そうそう転がってない。

だから、親切にするという事に「〜の為に」って前提はいらない

とか、最近思う。




posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。