引っ越しました

2010年05月30日

無駄足

夜、仕事をしていたら、
往復30分ほどのところにあるインド料理店から電話。
以前、メニューやらチラシやら作った店なのだけど。

「オミセノ オンガク オカシイヨ。
 オオキクナッタリチイサクナッタリスル。
 キカイガ コワレタカナ? ミニキテホシイヨ」

とか、言う。


――――――――――――――――――――――――

いや、ちょっと待て

なんでそれをぼくに言う?

うち、電気屋じゃないんだけど。

「機械の事なんてぜんぜん分からんから、
 ぼくが行っても意味ないと思うわ。明日、電気屋に聞きなよ」

と返すも、

「キカイニ カイテアル ニホンゴ ヨメバ ワカルトオモウ。キテヨ」

と返ってくる。これと同じやりとりを5・6回、繰り返す。


埒があかないので、

「わるいけど、忙しいから無理。行かないよ」とビシッと言った。

「ソッカ…ワカッタヨ。シカタナイネ…」電話が切れた。

切れたんだけど、最後の声が、なぁーんとも哀れを誘ってね。

はるばるネパールからやってきて、
言葉もろくすっぽ通じない日本でがんばってるが、
店の経営も、なかなかうまくいかず悪戦苦闘。
そんな時に起きたBGMのトラブル。
身近な日本人に頼ってみるも、全く取り合ってもらえず…
ニホンジン ツメタイネ モウ クニニ カエリタイヨ…


…みたいな、余計な妄想が頭の中に勝手にうずまいて、
ぜんぜん仕事に集中できなくなってしまった。

「んだぁーもーーーう」ヽ(`Д´)ノ「忙しいのによーーーう」

ボフッとメットをかぶり、ズバッとバイクにとびのり、ピャーッと店へ向かった。
「ササッと済ませて帰るぞ!」そればかり考えながら、ピャーッと片道15分。
幸い日本語さえ読めば分かるらしい、すぐ済むだろとたかをくくってた。

ところが、いざ着いてみると…

IMG_6799_400.jpg

IMG_6800_400.jpg

全部、英語じゃねえか。コノヤロウ。

どこに日本語があるんだよ。ヽ(`Д´)ノ テケトーな事言いやがって!

当然解決せず。だから機械の事なんて分からねぇんだってばよ!

ただ、そのネパール人が「コレモ、ツカエナイヨ」と
持って来たリモコンには電池が入ってなかった

脱力… なんなんだ…_| ̄|○

日本語が分からないとか、機械が分からないとか、
そういうレベルじゃないよね、コレもう。

「電池買え、電池! あと電気屋に相談しろれ! んじゃ、そういう事で!」

店を後にした。


帰る途中に、気が付いた。

あいつの嫁さん、日本人じゃん。(°д°)

日本語わからねぇつーんなら、まず嫁に聞け! 嫁に!

ほんっと時間の無駄だった。=3 1時間も無駄にした。

テケトーな事言って、簡単に人に頼る相手にも腹が立つが、
一番腹が立つのは、勝手に妄想して半端な情けをかける自分にだ。

半端な情けをかけてバカを見る。いっつもそう。厭になる。




posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。