引っ越しました

2010年07月12日

三段伸縮ストロー

グリコのマイルドいちごオーレ購入。
「あ、コンビニの兄ちゃん、ストロー忘れたな?」
と思ったら、上部にくっついてた。

IMG_7741_400.jpg
 ▲ここに

IMG_7740_400.jpg
 ▲このストローが

IMG_7743_400.jpg
 ▲このように。

みじかっ!

なんとコレ、三段階で伸縮するストローだった。短いはずだ。

IMG_7739_400.jpg
 ▲この短いストローが、

IMG_7738_400.jpg
 ▲こんなに伸びる! ワンダー。

二段階はよく見るけど、三段階というのは始めて見た。


――――――――――――――――――――――――

三段伸縮ストロー考

なぜ、三段階なのか。ちょっと考えてみた。

IMG_7742_400.jpg
 ▲容器に対する、いっぱいまで伸ばした三段階伸縮ストロー。

二段階より三段階の方が、とくべつ長くなったわけじゃない気がする。

そもそも「普通のストロー(伸縮しない)だと短すぎて飲みにくい」という問題は、
二段階で充分解消されているわけで、わざわざ三段階にする必要がない。

つまり、三段階ストローの利点は他にあるという事になる。
二段階ストローと三段階ストローの一番の違いは、その配置だ。

二段階のストローは、容器の側面にくっついてる。
だが側面配置だと配送・陳列時に、ストロー部分が隣りの容器に接してしまう。
ともすると、接触のショックでストローが脱落してしまう。
三段階ストローにし上部に配置にする事で、この問題を回避する事ができる
…という事だと思う。おそらく。

ストローを三段階伸縮にしたからって別に、
製品にとってのメイン要素であるいちごオーレがうまくなるわけじゃない。
「ストロー付き」なんて今や当然で今更ありがたがる人もいないだろう。
これが直接、売り上げアップの要因にはならないと思うんだよね。

それでも「飲もうと思ったらストローがナイ」という、購入者の不満を、
少しでも解消しよう・改善しようというグリコの姿勢には好感が持てる。
「“当然”になっている事を見直す」という事も、なかなかできないと思うんだ。

地味だけど、すごい工夫! すごい配慮! 感心してしまった。

IMG_7744_400.jpg
 ▲なにはともあれ、いちごオーレうまし。

posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。