引っ越しました

2010年10月01日

「旨味」という味覚

甘味、酸味、塩味、苦味に並ぶ味覚として“旨味”がある事をご存知だろうか。
その歴史が実に小気味良い。

101002umami1.gif
 ▲旨味を発見した日本人 小玉新太郎


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ザックリと紹介

およそ100年前、日本の学者、小玉新太郎が、
鰹節や椎茸から旨味成分なるものを発見した。
101002umami1.gif

しかし、西洋の学者達は、これをあざ笑い小馬鹿にした。
旨味とは、塩味・甘味などがほどよく調和した状態を表すものに過ぎない、と。
101002umami2.gif

ところがだ! ゲラゲラゲラ笑われ続ける事、およそ100年。
なんと舌に“旨味を感じる細胞”が発見されたから、さぁ〜大変。
101002umami3.gif

かくして「旨味」という味覚は科学的に立証されたわけだが、
西洋には、うま味を表す単語がなかった。(なんせ、ゲラゲラ笑ってただけなので)
そんなわけで、今も西洋では日本語が起源の「UMAMI」が使われている。
101002umami4.gif

一世紀の歳月を経て晴らされた雪辱! ん〜小気味良い!
小玉新太郎に拍手をしよう!


詳しくは wiki「うま味」

英語版はこちら

posted by さくらい | 疑問 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。