引っ越しました

2010年10月14日

わっ

友人ユタの子、サキちゃんがかわいい。

ユタとスカイプで話してると、
たまに登場するんだけど、毎度、とても和まされる。

最初の頃は、スカイプがどういうものなのか理解できず、
よそよそしかったサキちゃんも最近はすっかり慣れてきて、
いろいろな遊びを開発するようになった。

その1つが、「わっ」

物陰に隠れ、突然とびだし「わっ」とおどろかすアレだ。

sakichan101019.jpg
 ▲「おどろいた〜?」

この場合は“物陰”ではなく“画面外”に隠れ、突然とびだす。

スカイプの特性を上手に使った遊び方だ。えらい!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

しかし、惜しいのは「わっ」と声を発するタイミング。

サキちゃんは「わっ」と言いながら、サッと隠れる。

しばらくすると、にやにやしながら、ゆっくり顔を出す。

そしてまた、「わっ」と言いながら、サッと隠れる。

しばらくすると、にやにやしながら、ゆっくり顔を出す。

この繰り返し。


「サキちゃん、出てくる時に『わっ』って言うんだよー」と教えても、
「でぇへへへ」と笑うばかりで、相変わらず、隠れながら「わっ」。

もう、笑っちゃって笑っちゃって。
隠れる時の素早い動きも相まって完全にツボにはまってしまった。

こんな発想は、子どもにしか出ないよな〜。(´ー` )

しばらくすると、さきちゃん、
「眠そうだから寝かせてくるぅ〜」と言って
さっさと、奥の部屋へ行ってしまった。

え、寝かせてくる? 寝てくるじゃなくて?

ユタ曰く、これは言い間違えたわけではないらしい。
つまり、眠そうだったのは、サキちゃん本人ではなく、
サキちゃんが遊んでいたオモチャの犬

いつも“寝かされる側”のサキちゃん。
これは親のまねっこ遊びなんだな〜。

子どもってホントに楽しいよね。

posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。