引っ越しました

2010年12月08日

ゴムひも巻き込み事件

バイクで走っていたら、突然…

カラカラカラ、カンッカラカーン バチッブシッ

と音がした。なんだなんだと急停止。
見ると荷台のゴムひもがタイヤに巻き込まれ、ちぎれていた…

どうやら、荷台から荷を降ろした後、
ゴムひもを片すのを忘れ、垂らしたまま走行していたらしい。
おっちょこちょいの面目躍如だ。

まぁとにかく、転ばなくて良かったとゴムひもを片付けたのだけど…
ちぎれたゴムひもをイメージ上で繋げても明らかに元の長さより短い。

ハテ。(・_・)?

まぁゴムは弾力があるからね、どっかへ飛んでっちゃったんだろう。
なんて、あんまり気にせず、また走り出した。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

というのが1週間前の出来事。

それから今日まで、ゴムひもの事などすっかり忘れていた。
何事もなく走っていた。

ところが、突然…

カラカラカラ、ムギュゥウウウッ ブシッ プキッ

と音がして、バイクがムリムリムリ…プッスンとゆるやかに停止してしまった。

最初はオイルを入れるのを忘れて、エンジンが焼き付いてしまったのかと思った。
「うわーい、やっちまったーい!」ところが、オイルのランプは点灯してない。

ハテ。(・_・)?

そういえば、明らかにエンジンが焼き付いた時と違う音がしていた。
なんか、ムギュゥウウウとか、ブシとか、プキとか…そんな感じの。

止まったところが、バイク屋の近くだったので、
なんとか押して助けを求め…ようとしたが、バイクが微動だにしない。
フンガーーーーッ(`Д´;) まったくダメだった。
しかし、何の気なしに後ろに移動させたら、スルスルと動く。
まったく意味がワカランと思いながら、とにかく後ろに押し押し、
バイク屋まで運んだ。

バイク屋のおやっさんが、チェーンカバーを開くと…

IMG_0358_400.jpg
 ▲ゾロッと出てきたゴムひもの残骸。

なんとまぁ…
相当チェーンで削られていたんだろう。粉もパラパラと落ちた。
走行中のバイクを止めるとは、ゴムひもの強度、あなどれない。

「よく転ばなかったなぁ」と言われて、
「ええ、まぁ…エヘヘ」と、その場ではなんとなく照れたが、
後になって考えてみたら、別に褒めてるわけじゃないので、
この反応は、バカそのものである。

まぁとにかくそんなわけで、チェーンのたるみとエアを入れてもらい、
1050円支払って、バイク屋を後にした。

posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。