引っ越しました

2011年03月19日

集団竹光制裁はNO! (°д°乂)

※長文。親記事の続編とかではないのでスルーでも結構。

『twitterのデマ発信源はつきとめられる』という記事を書いて
大きな反響をいただいて、それはビックリ感謝なんだけど…

とある人とのメールのやりとりから、親記事をきっかけに、
モザイクの彼のタイムラインが荒らされている事を知った。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

確認した


…(=_=) とても残念だ。

彼はウッカリ者でお調子者で空気読めないトコあったかもしれない。
でも、「強姦が多発」とか「目薬飲め」とか「死の雨」とか、
明確な悪意をもったデマを流したわけじゃないんだ。
「わっ、こりゃいい。みんなに知らせてあげないと!」
こんなことは、誰にだってあるだろう? ぼくにだってある。


方法としての有効性を示さなければ説得力ない内容だから、
どうしても実例を出して、説明する必要があったのだけれど、
「尾田15億円寄付」というデマを引き合いに出したのは、
大多数の人が知っていて、かつすでにデマとわかってて、
かつ気が済んでいる、“終わってるデマ” だと思ったから。
そもそも内容だって、憎めないっていうか、他愛ないっていうか、
目くじら立てるほどの事じゃないじゃんか。こんなの。(・_・)

「ナンダッテ!?(°д°) 尾田15億寄付がデマ!?
 生きる気力つぶされたぁ!・゚・(ノД`;)・゚・破滅だぁ!」 ...ナイナイ(=_=;)

(関西地震予告は、ともかくね…)

たまたま、親記事で、これを例にあげたからって、
世の中に流布されたデマが全て彼の責任であるかのように
彼を叩くのは違うと思う。大間違い。



さて、


ぼくの気のゆるんだ迂闊な言い回しで、誤解を与えたり、
不快な想いをさせてしまった人には申し訳ないけれど、
まさか、2年やってきたブログの全記事の合計アクセス数より、
この一記事のアクセス数の方が多くなる、なんて予想だにしてないから。

しかも実は親記事をタイムライン上にあげたのは、2度目なんだ。
1度目はきれいにスルーされてる。それが2度目でいきなり10万超え。

9efallllla1431.png
 ▲見てよコレ...(by あなりてくす)

自虐的なアクセスログまで公開して、
何が言いたいかというと、彼もぼくも大差ないって事。

「いつも見てくれる常連さんにちょいと耳寄り情報〜」程度の軽いノリで書いた記事、
そんなの通常のアクセス数、“200人弱の人向け”にしか書いてないって。
続けて読んでもらってるこのブログの空気というか暗黙の了解も込み込みだって。
気、ゆるんでるさ。ダルンダルンに。

彼だって同じやろ? 2桁のフォロワーさんにつぶやいた事が、
誰もが知ってる有名なデマになってしまうなんて事、当時の彼が知る由もない。
彼の持ち前のサービス精神が、大々的に裏目にでちゃっただけの事。
たまたま、何かのタイミングが合っちゃっただけ。

で、誰だって同じやろ? 多くの人はデマだと知っててリツイートするわけじゃない。
「これはいい!みんなに教えてあげたい!」という気楽なサービス精神、同じだよ。
もし、彼を責めるならデマと知らずリツイートしたすべての人も同等の責がある。

その責をほんとに等分したら1人分は吹けばとんでくレベルだろう。
赤信号みんなで渡れば、怖くない的なさ。そういう。
最初の一人だろうと、最後の一人だろうと変わらんよ。

「だったら、最初の発信源なんて、つきとめても意味ないじゃん」(・∈・)(・∈・)

そうそう。意味なんてないんだよ。つきとめる必要ない、最初から。
それでも「つきとめられる」なんて言われれば、身構えるものでしょ。
腰にぶらさげておくだけで無用な争いの抑止になる竹光みたいなもんだ。
そんなもん、よってたかって抜くな抜くな。みっともないでござる!




あとね、


ぼくは気楽な情報交換が、悪い事だなんてちっとも思わない。
そもそも140文字で伝える=気楽 ってのがtwitterの魅力の1つでしょ。
いちいちキリキリと真偽を確かめないとつぶやけないなんて、もったいない。
一段落ついても、こんなもんが慣習にとして残るのは、むしろ反対だよ。

みんなだって普段から他愛ないデマを仲間内でジョークとして言ってるはず。
「尾田15億寄付」以上のデマなんて震災前だってザラにあったはずだよ。
今まで、ジョークとしてすんなり成立・収束してたデマがそのまんま、
横行しちゃうのは受け取る側も冷静じゃない証しだよね。無理もないけど。

ぼくが親記事を書いたのは、その冒頭でも言ってる通り、
今がみんなが冷静でいられない人命もかかってる非常時だから。
その分だけ、割り増しで気をつけようって事を分かってもらいたい。
発信者も、中継者も、受信者も、つとめて冷静に、慎重に。




さて、


そんなわけで、ぼくは今後も基本、気楽にやっていくよ。
そういう方針にしたばっかだし。
そもそも異常な緊張状態がデマに振り回されるような事態を招くと思うんだ。
言うまでもなく、ぼくは学者でも、識者でも、専門家でも何でもない (・_・)
ただ単に、すでにあってあんまり知られてない事をたまたま紹介したにすぎない人。
だから、これからも平常通りしょーもない事をいくらでも書くし、つぶやいてゆく。

「虫」とか「駄菓子」とか「カルガモ」とか、じゃんじゃん書いてゆくよ。
ノーブラ決意ヽ(`Д´)ノ茂木さんもぜひ!とか、
しょーもない事だって、じゃんじゃんつぶやいてゆくよ。
新規にフォローしてくれた方々(感-人-謝)そのおつもりで。



最後に、


モザイクの彼に謝罪しておこうと思う。明確に。
(名前を出したり、イロイロ紹介すると、さらに事態を悪化させるかもだから自重)

彼のツイートのログを見たけど、堂々たるものだった。
少なくとも悪質なデマを流布してニヤつくような人ではないと思った。
本記事でくどくどと言及した通り、彼の非なんて吹けばとぶようなレベル、
それに見合わない集団竹光制裁は見るに耐えない。残念。
それでも逃げる事なく、きちっと対応していた。何度も謝ってた。立派だよ。

それだけに、いたたまれない気持ちだ。悪い事した、と。
彼1人の迂闊なツイートはたくさんの小さな迷惑を生んだ。
ぼくの迂闊な言い回しのブログ記事がきっかけになり、
たくさんの小さな反感が、彼一人に集中してしまった。


ぼくも彼も最初からこうなると分かってたわけじゃない。大差ない。
彼だけ謝って、ぼくだけへらへら知らん顔なんてしてられない。


モザイクの君、迷惑かけた。ごめんなさい!


※彼の擁護メールをくれた人達にも感謝

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

関連記事1:twitterのデマ発信源はつきとめられる
関連記事2; スマートフォンでもリアルタイム+
関連記事3;twitter上のドロボーもつきとめられる

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

3/20 追記

モザイクの彼からリピをもらったよ。
アカウントも該当ツイートも削除せずネットラジオで生で肉声で謝罪したらしい。
@lotus2001さんの情報)潔い。




posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。