引っ越しました

2011年03月23日

とりどり

傷つき拉げている人に、その心に、この曲が届くといい。

とりどり(simasimaPT)



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


とりどり


モノクロに染まる世界ひとり
誰か求めたりしたくない

いつも思うこと とてもとても
遠い遠いどこかへ行きたいの

孤独のかたまり 一つ一つ受け止めて
砕いて砕いて もうだめだ

歩いて歩いて 私ここで死ぬんだっけ
神様 神様 教えて

君が笑うこの世界 いつでもあげる
欲しい言葉だけ聞いていて

色とりどりに染めて 君が来るの待ってる
もう一度歩いて



当然のことみたい 誰かいるの
いつも通りのモノクロ

希望の果て 絶望 いま誰といるんだっけ
探して探して もうだめだ

歩いて歩いて 私ひとり死ぬんだっけ
神様 神様 ここへきて

君が歌うそのメロディ いつでもあげる
欲しい音楽を聴いていて

色とりどりに染めて 君が行くの見てる
もう一度笑って



君が歌うそのメロディ いつでもあげる
欲しい音楽を聴いていて

色とりどりに染めて 君が来るの待ってる
もう一度歩いて


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

震災後、よく聴いている。

“もう一度”という言葉がよく出てくる励ましのうた。たぶん。
聞いていると「再生」とか「蘇生」って単語が頭上にもくもく。

後ろに回ってグイグイ押されたり、前からグイグイ引っ張られて、
「がんばれ!できる!」みたいな暑苦しい激励は、疲れてしまう。

押しも引きもせず、ただ “もう一度” を信じて待っている
というような、やわらかい励ましが、ほどよい。今は。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


蛇足追記

歌詞、ぼく解釈

このうたって二人称なんだよね。
「私」と「君」。各コーラス前後半で違う人。

「私」は、まぁうなだれちゃってる人なんだけど、
その私を「君」と呼んでる人物はいったい誰か。
ワカンナイけど、私以外の存在。

「私」は1コーラスで「誰かを求めたくない」と言ってるのに
2コーラスで「誰かいるの」「誰といるんだっけ」と
明らかに自分以外の誰かを求めている。
求める相手を「神様」と形容するほどに。
まぁ、ヘルプミイって事なんだろう。

しかし「私」を君と呼ぶ存在は、
教えてもくれないし、ここへ来てもくれてない。
だから、たぶん「神様」ではないんだろう。

その存在が言っている
君が笑うこの世界 いつでもあげる
君が歌うそのメロディ いつでもあげる


は、どういうことだろう?

君と呼ばれてる「私」は、ヘルプミイ状態で、
その時点では、笑ってもないし、歌ってもいない。

って事は、ものすごく拡大解釈して、
君が“笑える”この世界、君が“歌える”そのメロディって
ことなのかしら。その気になれば笑えるし歌えるよ、と。

でも「あげる」って言ってんだよなぁ…
与えちゃってるからには、やっぱ神?
でも、まるで違うもの与えちゃってるし…σ(=_=;)

で、これまた、ものすごく拡大解釈。
「“待っていて”あげる」「“見ていて”あげる」
そういう事なのかしら。んんー無理あるか?

ま、いいや。んで、

色とりどりに染めて 君が来るの待ってる

コレね… でました。色とりどりに染めるのは誰なのか問題2011。
染めるのが誰なのかで、真逆の意味になるんだよね。

最初は「色とりどりに染めて“おくから”」かと思った。
つまり“こっちでお膳立てしとくから、いらっしゃいな”的な。
でも「色とりどりに染めて“いいから”」の方だと思い始めた。
つまり“そっちで気が済むようにやって、それまで待ってるから”的な。

言わずもがな“色とりどり”は“モノクロ”と対になってる。
「私」にとってのモノクロは孤独と絶望で、
今はどうしたって世界がモノクロにしか見えない感じ。
んで、私以外の存在は、そのモノクロ(孤独と絶望)を
ダイレクトにどうにかしてあげるわけじゃないんだよね。
「してあげられない」って言う方が正しいのかもしれない。

最後に。タイトルにもなっている “とりどり”
“色とりどり”というとなんとなし華やかな印象だけど、
サッととりだした辞書でひいてみると、とりどりとは、
「それぞれが、さまざまに違っていること」とある。

つまり、人の心は“それぞれ”で負った心の傷は本人しか癒せない。
だから、自分で、歌って、笑って、歩いて、もう一度。
信じて、見守って、待っているからねって事なのかしら。

とりどりかぁ… なんだか切ないねー(´・д・`)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


さらに蛇足

twitterで知ったので、もちろん作った本人と話せる。
「こういうこと?」って、答え合わせする事も。

でも、アーチストさんは決まってこう言うのだよ。

「聴いた人それぞれ解釈していただければ(´ー`)」

「答えはあなたの心の中にあるの(´ー` )」


ズルイぞ!ヽ(`Д´)ノ 説明責任を果たせ!ヽ(`Д´)ノ

と思うのだけど、答え合わせする事自体、野暮な気もする。

ま「がんばって歌詞読んでる人がいる」と知るだけでも、
モチベーション上がるだろうとヨシとしておくよ。(´ー` )



simasimaPTいいなと思った人は彼女達のマイスペースで他の曲も聴けるよ。
 ↓
myspPT.png
myspace.com/simasimapt


関連記事:simasimaPTがいい




posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。