引っ越しました

2011年07月28日

高岡蒼甫の解雇に思う

ここんとこ、仕事の合間のツイッターで、
やたら“韓流”というワードが入ったツイ散見。
だいたいネガティブ方向。

そういえば

 数日前、韓流番組ばかり放送する日本のテレビを
 痛烈に批判ツイしてた俳優いたな〜

 誰だっけσ(失・_・念)

と思い、ログで確認してみたら、高岡蒼甫。

 先日みた映画『13人の刺客』でも好演してたな〜
 ユルめの金城武的なわりと端正なお顔立ちだよな〜

などとも思う。

その流れで、彼のツイートログ見てみたら、

takaoka0728_1_400.jpg
 ▲本人のツイのスクショ引用(クリックでオリジナル)あらま!(吃°д°驚)

解雇されたと知る。
もともと干され気味だったらしいのだけど、
それにしたって、この程度の事で解雇とは… 気の毒なコトよ。
嫁も“ダブルの意味”で気の毒な。(気´= д =`毒)



しかしまぁ…
同じような経緯をたどった山本太郎と比べると、なんとも…
山本太郎についてはwikiでも参照してね

ヤケッパチみたいな “つぶやき” がキッカケで即刻解雇された高岡と、
正々堂々、公言・実行し、引き止める事務所をふりきり退社した山本…

なんだか、せつないよ…(切´・д・`無)


takaoka0728_10_400.jpg
 ▲解雇後のツイート。もはや、どこからつっこんでいいのやら…(閉=_=;口)

がんばってほしいよね。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


んま それはともかく


奇しくも

先日、テレビドラマ好きの友人ユタから
「今テレビで韓流ドラマばかりやっとる」という嘆きを聞いていた。
うちはテレビ置いてないので(あると見ちゃって仕事になんないという逆説的な理由で)
そんな事になってるとは露知らず、テレビッ子としては由々しく思っていた。


さらに奇しくも

昨日、simasimaPTの石橋さんとこんなやりとりした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

takaoka0728_2_400.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

takaoka0728_3_400.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

takaoka0728_4_400.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

takaoka0728_5_400.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

takaoka0728_6_400.jpg
 ※訂正 生きていけなってしまった。→生きていけなくなってしまった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


要するに何が言いたいかというと、

本当の脅威は 韓流 か? って事。

どうも高岡解雇関連のコメント見てると、
韓国ヒデー!コエー!ツエー! 脅威!
…みたいな嫌韓的なベクトルがチラホラ目につくんだけど、
ぼくは、そういう事じゃないと思うんだよね。

日本にはどの国にも負けない誇るべき文化があると思うんだ。
現時点で、韓国文化が、日本文化より優れてるとは思えない。
少なくとも、韓国文化が、日本文化に とって変わる ほど
優れてるとは思えない。この本質において、脅威を感じない。
これは日本人共通の認識じゃないだろうか。



そ れ な の ニ ダ 。    ←韓流



日本のテレビは、


さも“巷では韓流ブームです!” って顔してる。

シレッと。

ホントは “安いから買い漁ってるだけ” なのに。


まぁだ、こんなものが通用すると思ってる。
テレビがメディアの主導だった80年代、90年代だったら、
ゴリ押しできたかもしれない。偽りのブームを起こせたかもしれない。
でも、ネットが一般に普及した今の日本では、どだい無理なんよ (´・д・`)

韓国が、操作してるわけでも、牛耳ってるわけでもナイ。
単に、目先の事しか考えてない一握りの利己主義な
日本人によって日本文化が衰退の危機にさらされている。
病原は、ウィルスではなく、癌なのだ。

本来は日本文化の為に使われる資金が、韓国へ流出してゆく。
韓国文化はこれにより成長し、日本文化はこれにより停滞する。
誇るべき自国の文化が成長・循環・維持できず、衰退していく。
この流れが続けば、いずれクオリティも、そしてコストも逆転するだろう。



これこそ、脅威 じゃないの?



ここでは挙げないけれど、韓流絡みの番組の視聴率が悪い
というソースなんて、そこらじゅうにゴロゴロしてる。
コンテンツそのもののクオリティは度外視、
コストのみ(コストパフォーマンスですらない)を評価し、
視聴者が本当に望んでいる日本文化を切り捨てていってる。
韓流ブーム煽動はこの横道を隠蔽するための浅はかな隠れ蓑でしかない。


「だって不況でスポンサーつかねーんだもん!ヽ(`Д´)ノ」

テレビ側の本音としては、こういう理屈なのだろう。

しかし、視聴者がテレビから離れていったのは、
なんだかんだ言っても、とどのつまり、
テレビ以外のコンテンツの方が面白いから、に他ならない。

(1)面白くないからテレビ人口減る。

(2)視聴者が離れるから、スポンサー離れる。

(3)スポンサー離れるから、経費削減。

(4)「よし、出演料の安い若手芸人を使え!」

(5)質の悪い低能バラエティを量産。

(6)視聴者、さらに離れる。

(7)スポンサー、さらに離れる。

(8)「よし、コスト安い韓流コンテンツ買ってこい!」

(9)視聴者、さらに離れる。← 今ココ

なにこのカンタンな悪循環…

何のポリシーも感じられない。
他メディアに負けないコンテンツ作ろうって発想はないの?。
今に至っても他のメディアのコンテンツ作ってる会社より
予算は潤沢だろうにさ。

悪循環が次のフェーズに移行したら、次はどうすんの?
途上国のコンテンツでも買ってくるの?

頼まれもしないのに勝手に自分の首を締めている。
そんなものは、言わば自業自得なのだけど、なぜ、
その心中に日本文化まで付き合わなくちゃならんのか。

テレビというメディアにまだ少しでも矜持があるのなら、
それに見合う正道を堂々と歩んでほしいものだ、と思う。
自尊心じゃないからね。矜持だよ、矜持…(=_=;)




posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。