引っ越しました

2011年07月24日

コーヒーが飲めるようになった

小さい頃に親からこう言われた。

「子どもはコーヒーを飲むと脳が溶けるよ」

もちろん、こんなのは子どもを早く眠らせるための方便なのだけど、
幼かったぼくは少し怖かった。元よりそんな苦いモン飲まないよ!

ま そんなわけで、コーヒーは、
ぼくにとって、ずーーーーーっと、

飲めないもの・いらないもの・関係のないもの

という位置づけだった。


ところが、いただきもののコーヒーを面白半分に、
飲んでみたら、あれ?(°д°) 意外とうまし! なんだコレ。

たぶん、知らん間に味覚が変わっていたのだろう。
子どもの頃は「漬け物まずし!」と思ってたが、
大人になった今「漬け物うまし!」と思えるのと同じだね。



そして


大人になって知恵がついたぼくは知っている。
コーヒーで脳が溶けない事を m9(;`Д´)(たぶん)


ならば、飲まない手はないだろう!


ってわけで、それからというもの、
わざわざ買ってきて、ほぼ毎日、飲んでいる。
半年前じゃ考えられなかった事だ。



コーヒーなら何でもいいってわけじゃないらしい。
今んとこ簡易ドリップ式のコーヒーを飲んでいる。

IMG_0832_400.jpg
 ▲こういうの

粉のインスタントを試してみたが、ぜんぜんダメだった。
同じく缶コーヒーもてんでダメだった。
まったく別の飲み物のような気がしてならん。

砂糖もいろいろ試したがどれも気に入らない。
飲めない事はないけど、わざとらしい甘みがじゃまくさい。
だからってブラックで飲めるわけでもない。
そんなわけで、ハチミツを入れて飲んでいる。

目下、困っているのは湯が注ぎにくい事。
なんせ “コーヒーを飲む” という習慣が
なかったのでポットというものがない。
考えてみれば持った事すらないんだな…

仕方ないので、フライパンで沸かして
ロートを通して湯を注いでいる。
めんどくさいので、そのうち買いにいく。

なにはともあれ
「うまし」と思えるものが増えたのは、
しあわせなことだよ。(´ー` )




posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。