引っ越しました

2011年10月06日

ヘッポコ用心棒

愛用のアルコール消毒薬「ハンドジェル」が
切れそうだったので薬局へ行った時のこと。

IMG_1824_400.jpg
 ▲ハンドジェル

なんと見慣れた「ハンドジェル」が藤カゴに山積みに!
「98円」の札が下がっていた。これは渡りに船、もうけたぞ!

しかし、なぜこんな安いのだろう。
札をよく見てみると「使用期限間近なので」との事だった。

使用期限なんかあったんだ?

使用期限を設けてるからには効果が弱まるのだろう。
でも、なんで? 成分的に何かが変わるのかなぁ?
食品と違い「腐る」わけでもあるまいに…(・_・?)

ってわけで店員さんに尋ねてみた。

しかし、レジ係の店員さんは、
自分では対応できないからと薬剤師さんを呼んだ。
待つこと数分、どこからともなく白衣の薬剤師、登場。
まるで、用心棒のような趣きだ。

わざわざ呼んだ専門家さま。
さぞ、納得のいく解説をしてくれるものと期待した。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ところが…

以下、その時のやりとり。

「“使用期限が切れる”とは、どういう事ですか?」

「使用できる期限が切れるって事ですよ」

「…切れるとどうなるんですか?」

「効果が弱まりますねぇ」

「…“効果が弱まる”とは具体的にどういう事ですか?」

「消毒薬なので消毒の効果が弱くなるって事ですね」

「いえ、だから、なぜ効果が弱くなるのかを知りたいんですが」

「それは、もちろん使用期限だからです」

「それはそうでしょうけど、使用期限によって何がどうなるんですか?」

「はい、やはり消毒効果が、弱くなりますよ」

「ですから、それはなぜですか? なぜ効果が弱くなるんですか?」

「それは先ほど申しました通り使用期限だからです」

「あーいや…だから使用期限により成分的にどういった影響があるんです?」

「成分的に言うと、やはり効果が弱くなると言えますね」

「ですから! どうして効果が弱くなるんですか?」

「ですから… 何度も申しました通り使用期限だからですよ」

「……。 はぁ…」


こやつ…(=_=;)

小学生の頃、読書感想文だと言ってるのに、
あらすじを書いていた手合いに違いない。
これで “説明した気” になっているのだから呆れてしまう。


いいかい?

今、自分が持ってる商品が何で、どういう効果があるもので、
「使用期限」がどういう意味かくらい誰でも分かってんだよ。
使用期限というからには効果が弱まるという予想もついてるよ。

そんなのぼくだって、レジ係だって、答えられるわ。

「使用期限を過ぎると、
 コレコレこうなるので
←知りたいのはココ!
 効果が弱くなります」

なぜ、こういった専門的、論理的な説明ができないのか?

百歩譲って、ぼくの質問の仕方が悪かったとしてもだ。
少なくとも、こんな堂々巡りのオウム返し
問い合せた客が求めてない事くらい察しがつくだろうよ。ヽ(`Д´)ノ

やりとりを進めても一向に情報が増えない。変わらない。
なぜ、寸前に出た情報は、すでに共有してるものとして、
更新しながら会話を進める程度の事ができないのか?


…というような事をやんわり訴えたら、

「わかりましたよッ。じゃメーカーに問い合わせてみますッ」

と、ふて腐れたように。

(°д°)はぁぁぁああ?

「じゃ」じゃねえよ!

わからないなら最初からそう言えよ。
すぐさまメーカーに問い合わせろよ。
なんなんだ、この無駄なやりとりは。
無駄なやりとりを演じさせた挙げ句に、
ぼくが “わからずや” みたいな空気出すなよ。

↑心の声

「いや、いいですいいです。お世話さま」

さっさと店を後にした。
メーカーに問い合わせるなんてぼくだってできるわ。
むしろ、あんたを介す事で分かりにくくなりそうだ。

この薬剤師は、いったいぜんたい、
何のために存在してるんだ?



//////////////////////////////////////////////

追記

ちなみにすでにメーカーに問い合わせて解答えてる。
エタノールって酸化するんだってさ。へー(・o・)
ここに書いてある事とほぼ同じ→http://bit.ly/qEfVe8

ま、この記事の肝は、そこではないのだけどね。
そこだと思って教えてくれた人がいたので一応追記。




posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。