引っ越しました

2011年11月13日

ステマ騒ぎに思う

最近、やたら「ステマだ!」と騒ぐ人がいる。

何を見ても、いちいち疑い騒ぎ立てる。
まるで、それそのものが流行化してるかのようだ。(´・д・`)

いかにも小市民的なシュプレヒコールで、
ほほえましいっちゃ、ほほえましいんだけど…


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

考えてみたら

これって買った人の満足も削ぐと思うんだよね。
「知らなきゃ満足したままだったのに」って。
これはよろしくない。たとえステマがホントだとしても。

安易に社会正義の旗手のようなつもりになれて
気持ちが良いのかもしれないけれど、だからって、
罪のない購入者の気持ちを踏みにじっていいはずない。

それが正義というのなら、
ステマ商法を採用した企業なり、
それに迎合するタレントなり、
ありもしない流行を煽動するテレビ局なり、
グルメサイトにサクラ投稿する飲食店なり、
それを商売にする、さもしい輩に対し、
ダイレクトに向ければ良いわけで。

誰が見てるかも分からないところで、
ステマだ!ステマだ!と安易に吹聴するのは、
健全な消費者意識をむしばむと思うんだよ。

「その健全な消費者に注意を喚起してんだい!」

ってつもりなら、それこそお門違い。
そんなの別に頼んでない。

「あら、良さそうね〜」って気軽に買えちゃう。
これが健全な消費という事じゃないのかな。
「好きなタレントがブログに書いてたけど…ステマかも…」
と、いちいち買い控えちゃう方がよっぽど不健全だと思うんだ。
そりゃー景気も回復せんわ。

あるかどうかもわからないステマを煽動するなら、
非難してる人も非難の対象と大差ないという事になる。
「あの企業は!」「あの店は!」などと
賢しらに騒ぎ立てた所で、だぁれも褒めちゃくれんよ。

健全じゃないのは購入側じゃなく販売側だ。

もちろん、ぼくもステマには反対。
買い手あっての売り手の身という分をわきまえて、
良識と節度をもっていただきたいもんだと思う。

軽々しい悪が出なきゃ、軽々しい正義も出てこない。




posted by さくらい | 疑問 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。