引っ越しました

2011年12月31日

つちのこの話

2011年を締めくくるのは、
年末なのに、つちのこの話。

んまぁ、それもエビログらしいか…(´〜`;)


今から12年くらい前のこと。
三河地方のとある村でつちのこを探してた時、
野良仕事をしてたじいさんから聞いた話。

tsuchinoko1.png


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


その昔

その日も野良仕事をしてたじいさんは、畑の脇で、
胴まわりがムダに太いへんちくりんなヘビを見つけた。
ごくごくたまーに見かける、おかしなヘビ。

tsuchinoko2.png


じいさんは、ソレを蹴っとばして遊んだんだって。
タイヤを蹴った時のようなボグッボグッて音がしたらしいよ。

tsuchinoko3.png


そこへたまたま遊びに来た友人から、
蹴っとばされヨロヨロのソレが “ツトヘビ” だと教えられた。
(その土地では、つちのこの事をツトヘビと呼んでいる)

tsuchinoko4.png


そこで初めて、世間では珍しいとされてると知ったじいさんは、
弱ったソレを捕まえて、足助の香嵐渓ヘビセンターに売りに行った。

tsuchinoko5.png


ところが、蹴りすぎて弱っていたためか、
展示して3日で死んでしまったらしい…残念。

tsuchinoko6.png


ほどなくして香嵐渓ヘビセンターは倒産。(1993年閉鎖)
つちのこの死体は剥製にして保存してあったらしいんだけど
倒産の後始末のどさくさで紛失してしまったのだとか…残念。




1990年代…

数日ではあるけれど 生きてるつちのこ が展示されていた。

tsuchinoko7.png


というお話〜。(´ー` )」



この話をじいさんから聞いた、というのは本当だが、
じいさんの話が本当なのかどうかは、知る由もない。

信憑性を示す1つの要素として話に登場した “友人” に裏をとった。
教えてもらった住所を訪ね、話を聞いたがほぼ同じ内容だった。

「そういえば、写真とったぞ」と言われ、一瞬たかぶった!
…が、これも色んな人に見せてる内に紛失してしまったらしい…残念。

tsuchinoko8.png


ちなみに、このじいさんたち以外の人からも
ツトヘビ(つちのこ)目撃談はたくさん聞けた。
( “つかまえた” ってのは、この話だけだったケド)

田舎の老人からは、おもしろい話がいっぱい聞ける。




posted by さくらい | 追想 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。