引っ越しました

2012年01月20日

ハトとおばはん

1年前に出会った片足つぶれたハトにまた会えた。

関連記事:『たくましいハト』


大きなハンデをものともせず、
のうのうと生き延びている姿を見て、小気味良く思った。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

※若干、ショッキング












































IMG_2906_400.jpg
 ▲常に最前線!面構えからして他のハトと違う

IMG_2914_400_400.jpg
 ▲絡まっていたヒモはなくなっていた

IMG_2907_400.jpg
 ▲このハトにだけパンをあげる。他のハトには一切あげない

IMG_2902_400.jpg
 ▲きもちわるい顔




今回、たまたま、そばで見ていたおばはん3人組が、

「そのハトばかりにあげてちゃ、他のハトがかわいそうよ〜」

「そうよそうよ〜 もっとまんべんなく〜 ね〜」

みたいな事を、ヘラッヘラ笑いながら言いおった。



はぁ〜〜〜?( °"д°" )


ぜんっぜん、かわいそうじゃない。一切、あげる気ない。
なぜなら、ぼくは、ハトがきらいだからな。
別にあげなきゃいけない義理もなければ義務もなし。
こちとら、誰からも文句も言われる筋合いのねぇ気まぐれ行為よッ。
かわいそうと思うなら、パン買ってきて自分達があげればいいじゃん。



そ! れ! に! 


この片足ハトにパンをあげてるのだって、
別に「かわいそう」だからじゃないからね。

そこんとこ、よろしく!m9(;`Д´)






posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。