引っ越しました

2012年07月19日

偽エンターキー

MacBook Proのエンターキーボタンが外れて、はや半年…

関連記事:エンターキー… ポロリ

半年の間に変わった事と言えば…

外れたエンターキーボタンを、うっかり踏んづけて
割ってしまった事くらいだ…(=_=;)ァァ...



最近、持ち出す機会も多くなった。

さすがに恥ずい。(;=_=)

IMG_2165_400.jpg
 ▲下が光ってるから欠損が目立つんだよね…

それに、

欠損部分に残った突起を押せば入力できるとはいえ
やっぱ不便でしかたなくて。

そんなわけで一念発起! 修理をお願いする事にした。

たかだかエンターキーボタン1個の取り付けだもの。人間だもの。
保証切れてるとはいえ1万円以内には収まるだろ…と、たかをくくってたら、

Appleからのお見積もり ガチャガチャッチーン!

3万円〜4万円也

はぁーーーー(°д°;)ーーーー?

なんでも、キートップ “ごと” 交換する必要があるらしい。
そんな必要ナイ事は明らかだけどAppleがそう言うんだから仕方ない。
アドバイザーさんは「サービスプロバイダさんなら安くなるかも」と教えてくれた。
※サービスプロバイダとはApple認定の修理屋さんの事である

そんなわけで、

ウ○○○○コさんにてお見積もり
ト○○○○○スさんにてお見積もり
ク○○○○○○ジさんにてお見積もり

結果はぜんぶ同じ!  ガチャガチャッチーン!

3万円〜4万円

ちっきしょーヽ(`Д´。)ノぼったくりー!



そんなわけで、ハイやめやめ。

修理はあきらめましたとさ…


さりとて、このままにしておくのも…∠(=_=;)ウーン

待てよ?

要するに…だ。

1)今より欠損を目立たなくする

2)今より入力しやすくする


この条件を満たせばいいんだよ。(・_・) 考えてみれば。

ってわけで…


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こうしてみた。

IMG_4359_400.jpg

IMG_4362_400.jpg

IMG_4367_400.jpg

IMG_4370_400.jpg

IMG_4371_400.jpg

はぁーヽ(´▽`;)ノでけたぁ!



何をしたかというと

百均で買ってきたメモ帳のカーボン製の表紙を
エンターキーボタン型に切り、接着剤でくっつけたった!


IMG_4372_400.jpg
 ▲ほら、パッと見ぜんぜん分からない!

え、分かるって?

そりゃ、この記事を読んだ後だから注目しちゃうよ。
そんな事知らなけりゃ、だぁーれも気付かないって。

もちろん接着面は突起部分だけなので、普通に入力する事ができる。

乱暴な対処法。対処法と呼ぶ事すらはばかられる対処法。

いいのいいの。
これまでより、目立たない&入力しやすくなるなら、それで。
欠損したままで使い続けるよりは断然マシさ。←言い聞かせている。自分に。

ん。 これでええ、これでえ。

ヽ(足´ー`知)人(解´ー`決)ノ

posted by さくらい | 技術 | 更新情報をチェックする