引っ越しました

2012年11月12日

Flash 8 → Flash CS6 4コ飛びで感じた不満な所

Flash。ゲーム作るのに使ってるソフト。
ようやく重い腰を上げて ActionScript3.0と向き合う事にした。

8からCS6(11)へのジャンプアップ。実に4コ飛びだ。
なんせ出してる会社ごと変わってっからね…(macromedia→Adobe)

目下、そのギャップを埋めるべくお勉強に明け暮れている。
大分つかんできたかな。まだ実用レベルとはいかないけれど。

奇しくも数年前8への移行の際も4からの4コ飛びだったなァ。
その頃もプールに通ってて休憩室で参考書とにらめっこしてたなァ。
再び訪れた勉強と運動の日々。歴史は繰り返すねぇ。(´ー` )

さて、8からCS6になって、当然いろいろ変わってて。
最初は戸惑ったけれど大分慣れてきた。すでに「おなじみの画面」て感じ。
CS6でも ActionScript2.0で開発できるのでね。それが大きい。

でも、慣れてきたら慣れてきたで不満が浮き出てきてねぇ…
“ActionScript”ではなく、あくまでFlashっていうソフトについてね。

良い面は… そうねぇ…
・パネル関係全般が使いやすくなった。
・アクションパネルでまとめてコメント適用/解除できるようになった。
くらいかなー…正直、4コ飛びのわりにインパクト薄い印象。
それよりも明らかに改悪と思われる所の方が目立つ。

ってわけで、大枚はたいて買ったんだから、
今回は不満点を、毒全開でガシガシ書いてみようと思う。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こちとら自腹じゃ!

ネットに繋がってないとヘルプが見れない。

別にそれでもいいよ。不備多いからねぇ。ヘルプ。
それが適宜修正されるのは良いっちゃ良い。(皮肉だよ)
でも、“ネット版”と“ローカル版”2つ用意すればいいじゃんか。
で、ネットに繋がった都度、ローカル版を更新すりゃいいじゃんか。
繋がってないと参照すらできないってなんだそりゃ。
いつでもネットに繋がってると思うなよ!m9(;`Д´)
おまけにスクリプト選択状態でF1すると英語マニュアル出る…
日本語版だよねぇコレ。 あぁ…ダメすぎる。


アクションパネルで自動フォーマットしても空白行が残る。
邪魔っくせぇ! なんなんだよコレ。
空白の行なんて残ってたら見づらくて仕方ないよ。
“何かの区切り”ができるって事? そういう意図?
だったらコメントの空白行で事足りるじゃん。
//
↑ハイ、この空白行! これでいいじゃん!ヽ(`へ´)ノ

あのさ…要らないスクリプトを1行削った時も空白は残るんだよ。
こんなのさ、何度も、何度も、何度も、何度も、ある事なんだよ。
それが“区切りの”空白行なのか、単なる“削除跡の消し忘れ”空白行なのか
後で見た時に分からないだろう? そっちの方が問題じゃないの?

そんなわけで、削除するたび残った空白行を手作業で消してる。
何度も、何度も、何度も、何度も、わざわざ消してる。
しかもインデントされてるからデリートキーを何度も押す必要がある。
完全に無駄な作業。ほんと邪魔くさい。
 
「自動的にカッコを閉じる」とか完全にいらん。
閉じカッコ抜きでifとかforとか書き始める奴なんていないだろ…
ぜんぜん痒くない。まぁこれはオフにできるからいいんだけど
だったら最初からこんなのナシで「自動フォーマットで空白行を詰める」
これを設定できるようにしてよって話。


アクションパネルの折り畳みが自動フォーマットで勝手に開く。
折り畳みの意味…ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーー!!ヽ(`Д´)ノ
最初やった時のインパクトは相当なもんだった。「こりゃ便利!」て。
だって折り畳んでおけばそのブロックは考えなくていいからね。
1フレームにガーーーーーーーーーッと並んだスクリプト内で、
スクロールであっちいったりこっちいったりの手間も減る。

だがしかし! 自動フォーマットしてびっくり、開いてやんの。

ちょっ…なんで開くの?(°д°)

自動フォーマットなんて保存(コマ+S)と同じくらい染み付いてる。
数分に1回は無意識にしてるよ。その度に折り畳みが開いてしまう。
ActionScript3.0ではムービークリップに直接スクリプトを書けなくなった。
そのかわりの利点として「まとめてフレームに書けるので分かりやすい」
とか言われてるんだけど、その分、1フレームに書く量が増えてんの!
いちいちスクロールとかめんどくせえの!
だからこその折り畳みだろーがよだろーがよ!(日村風)
いったい何の意味があるのか、この折り畳み。
ついでに折り畳んだブロックに名前つけさせろぃ。

アクションパネルでスクリプトの固定が保存できない。
これはなぁ…8でも相当不便で、期待してたんだけど…

アクションパネルの下部のピンマークをクリックすると
表示されてるアクションスクリプトを固定できる。
オブジェクト選択しても違うフレームに行っても固定。

便利だよね。でも、これは8にもすでにあった機能。
問題はそれが保存できないって事。
つまり一度閉じたら、次開いた時、クリアされてる。

もっかい言うけど
ActionScript3.0ではムービークリップに直接スクリプトを書けなくなった。
そのかわりの利点として「まとめてフレームに書けるので分かりやすい」
とか言われてるんだけど、だったら固定を保存させろよ!
「2.0ではあちこちに書かれてて後で見た時分からなくなってた」とか言うならよ!
固定を保存させろって。後で開いた時、そっちの方が断然わかりやすいわ!!

ついでに言うと8の時からそうだけど、
固定の名前「レイヤー+フレーム番号」ってやめてくんないかな。
スクリプト書くレイヤーは1つにまとめておきたいじゃん。
そうするとタブが「レイヤー名:1」「レイヤー名:2」「レイヤー名:3」ってなるんよ。
後で見た時、「あーこれのスクリプトは34フレーム目だったな」とか、
こんなふうにフレーム番号で覚えてられる人なんてどんだけいるの?

これ、単純にラベル(コメントラベルでも)でいいじゃんか。
だったら任意で決められるから何のスクリプトなのかすぐ分かる。
なんでこれじゃダメなの? これで保存もできたら最強じゃんか。
ソフト的に付加する機能として、それほど難しいとも思えない。

この機能は8から何の進化もしていない。


ライブラリパネルでオプション+クリックで音声の再生テストができない。
なんでよ?(´・д・`)  8ではできてた事じゃん。
オプションキー手隙じゃん。なぁーんでとっちゃったのか…
いちいちダブルクリックしてパネル開いてテストボタン押さなくちゃいけない。
無駄だよ! この面倒くささ!m9(;`Д´)




…ハイ。(=_=;)


まだまだ細かいトコ挙げればキリないんだけど、疲れたのでこの辺で。
数年前、4→8に4コ飛びした時は、こんな不満はいっこもなかった。
「ほー」「へー」「こりゃ便利ー」(*゜∀゜人)と感心する事ばかりで。
いったい4コもバージョンアップ重ねる間、何をしていたのか…
アドビィィィィィイイイイ!ヽ(`皿´)ノ=3

ええ、分かってますとも。いくら、こちとら自腹でも、
アドビ様のソフトを“使わせて頂いてる”身ですからぁ、
そうそうサクッと改良されるわきゃないなんて事は。

だからこそ、たまったフラストレーションをここで吐き出してるの!(`へ´)

フラッシュ使いの方々、よかったら、ご意見聞かせてくださいよ。
「俺もそー思ってた!」とか「そこはこうすればいいんよバカね」とか。




posted by さくらい | Comment(0) | 制作 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。