引っ越しました

2014年01月21日

竜の舌

散歩コースに生えているバカでかい草。
見た目的には巨大なアロエって感じ。

DSC02063_400.jpg
 ▲後ろの塀と比べると大きさが分かる

リュウゼツランという植物らしい。漢字で書くと「龍舌蘭」

DSC02067_400.jpg
 ▲手と比べると大きさが分かる。肉厚で堅い。

なるほど、まさに竜の舌だ。

質感はタイヤに似ている。
ちなみに素手でさわるとカブれる事があるらしい。

DSC02070_400.jpg
 ▲葉の周囲にはトゲがある。

アロエ程度のナンチャッテトゲじゃなく、
ちゃんと刺さって血がでるトゲ。
バラのトゲくらいの強度はある。

DSC02071_400.jpg
 ▲若い葉の先端は、さらに大きなトゲが!

3cmくらいある。ふつうに武器になるレベル。危ない。


調べてみると、このリュウゼツラン、
30〜50年、この状態で成長するらしい。
そしてある日、突然、中央から空高く茎を伸ばす。
その高さは5〜10mにも及び、
何千という花を咲かせ、あとは枯れてしまう。
受粉の仲介者は蝶なんてもんじゃない。巨大コウモリだ。

ちなみにメスカル(テキーラ)というお酒の原料になるらしい。
また葉の繊維から作った縄は濡れると急激に収縮する性質があり、
殺人のトリックに利用されることもあるらしい。

姿も、名も、生態も、用途も、
なにもかもドラマチックな植物だ。

なぜ熱帯の巨大植物が、こんなとこに生えてるのかは不明…




posted by さくらい | 自然 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。