引っ越しました

2015年11月04日

鏡文字の指伝えスキル

日本には漢字っていう非合理な文字がある。
関連記事:『漢字の筆順って必要?』

まぁあるのだから仕方なく、これは受け入れるしかないけど、
非合理であるが故に、こんな非合理なやりとりも生まれる。

「これって漢字で、どう書くんですか?」名前とかね。

たいてい「木の桜だよ」とか「井戸の“井”だよ」とか
「サンズイに毎日の“毎”だよ」とか「老人の“老”」とか
みんな、そんな感じで答えると思うんだけど。

字そのものが難しかったり、日常的に使わなかったりで、
思い出せない漢字ってのもあるじゃん。

例えば「醤油」とか「薔薇」とかさ。
そういう時は、その漢字を形成する部品で表すよね。
“イチクチソイチイチノメハ” って覚える「頭」的な。

「木ヘンに、カタカナのツ、その下に女で、“桜”」とか。

それを伝える時、指で空中にその字を書く人いるでしょ。
自分でも思い出すために自然にやっちゃってる人もいれば、
補助的な伝達手段として意識的にやってる人もいると思う。

口で伝えてもらっても、なかなか理解できない時は、
この「指伝え」が、理解の助けになる事も多いよね。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

さて… (前置き終了)

昔、こうした場面に遭遇した時、
痛く感動した事があった。激痛!

ぼくは聞いたわけでも聞かれたわけでもなく
傍から見てただけだけど。

上記一連の流れの後、聞かれた人がしていた
「指伝え」を何気なく見てて オヤ?(・o・) って。

聞いた人の「もっかいもっかい!」という催促に応えた
「指伝え」を見てて アレェーー!? (◎◯◎;)  再確認!

なんとその人、鏡文字で書いていたのだ!

kagamimoji_2.png
 ▲鏡文字ってのは左右反転させた字の事ね

自分から見て読めるように書いたら、当然、
対面している伝えたい相手には読めない事になる。
窓ガラスにはぁーっと息を吹きかけ字を書くと、
窓ガラス越しにいる人には逆さに見えるでしょ。アレ。

その人はこれに対し、明らかに意識的に配慮して、
対面している相手からみて読める字で書いていた。
なんたること!(;`Д´)

kagamimoji_1.png

一見カンタンなように思えるかも。でもやってみれば分かる。
頭の中で瞬時に文字を構成する要素を全て左右反転させ、
瞬時に指に反映させる…という特殊スキルが必要となるのだ。

仮にこれがなんとかできたとしても、
一筆一筆も寸分の狂いなく左右逆にするのは困難きわまる。
例えば通常、左から右へ書く「一(いち)」は、
相手から見て違和感がないように、ちゃんと右から左へ、だ。
これを、どんなに複雑で、文字数の多い漢字でも、
字を構成する全ての要素に対し、こんがらがる事なく、
キチンと反映させるだなんて、もはや神業といっていい。

「なんで、そんなサクッと鏡文字かけるんですか?」
って素直に疑問をぶつけてみたら、

「私、なぜか漢字を聞かれる事が多いので、
 訓練…っていうと大袈裟だけど、
 ちょっと練習したらできるようになりました」


だって!(◎_◎;)

いや “ちょっと練習” くらいじゃできないでしょ、これは。
それは謙遜。 “訓練” って言葉は大袈裟じゃない。おそらく。

そのスキルそのものもさることながら、
その発端が純粋に相手への気遣いである事や
「このスキルを身につけよう」と思い立った発想や
実際に努力し、ちゃんと身につけたって事に脱帽!感銘!
なんて素敵な人なんだろう! と思った。

「え、どんな字でも鏡文字で書けるんですか?」
と聞いたら「はい、書けますよ」サラッと。

疑うわけじゃないけど、いくつか難しい漢字を出したら、
本当にスラスラ。ちゃんと対面側から読める「指伝え」だった。

「むしろ曲線が多い文字の方が、こんがらがりますね〜
 漢字よりひらがなやアルファベットのほうがムズいです。
 これは、まだ練習中ですね」


え? あ、いや、ひらがなやアルファベットを指伝えする事は
まずないと思うから必要ないと思われるけど…(天然なのかしら)

いやはや、それにしても、すごい (感´ー`服)

それからというもの、ぼくも、ヒマな時、思い出したように、
練習してるけど、これがなかなかムズい。習得できない。

みんなも鏡文字の指伝え、試しにやってみてね。
お友達とお互いの名前でやっても楽しいかもしれない。


余談だけど

「ずいぶん前からやってますけど、気付いたの
 サクライさんがはじめてですよ」


って、ちょっとうれしそうだった。

そのうれしさ、なんとなくわかりマス。
あるね、そういうの(=∈=)気付かれない気遣い…



ちなみに!

そもそも漢字を教えてもらった張本人は、
指伝えの最中も、まったく気付いておらず、
ぼくがツッコんだ事で、やっと鏡文字だと分かって尚、
「ナニ、その無駄スキルw 変な事にこだわるなぁw」
などと、あざ笑っていやがったのさ!

やいやい、キサマには、このお方の、
気遣いや発想力や地道な努力がわからんのか!
もっと想像の翼をバタつかせろぃ!ヽ(`皿´)ノ=3


posted by さくらい | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。