引っ越しました

2016年08月09日

荒らし対応顛末記(1)

こんにちは。さくらいです。
今回は、あまり面白くもない話。

ぼくの個人サイトの掲示板が荒らされていた。
ここんとこずっと。半年以上前から。

その荒らしに対応したので顛末を記録しておく。
未だ、完全に決着ついたわけじゃない。

長くなるから何回かに分ける。



まぁとにかくひどい書き込み内容でねぇ…

クズ、カス、バカ、ボケあたりの定型文はもちろん、
性的なワードの羅列、糞便関係のワードの羅列ほか、

 消えろ! 滅びろ! 閉鎖しろ!

などの地味にチクチクとモチベーションを削ぐワードの類い。
挙げ句の果てには掲示板にくる人(主に子ども)にまで暴言を吐きはじめた…

 みんなコメントすんな出ていけ!

実際のログはコチラ(別窓)。これでも抜粋。
閲覧注意。悪意に耐性ない人は気分悪くなるかも…
 ※ 掲示板では子どもに配慮しNGワードは伏せ字で表示される処理をしていた。
 ※ 書き込み時に届くメール通知は “書き込んだまま”。それがこのログである。


消しても消しても、執拗にネチネチと。
非常に迷惑してたんだ。(´・_・`) はぁーあ…

一貫して「シカトで削除」という方針だったけど、
どこのだれかも分からない人から半年以上にわたり、
謂れのない悪意を受け続けるって想像以上に疲れる。

そんなわけで

精神的苦痛に加え、名誉毀損・営業妨害って実害もあり、
数ヶ月前に警察に相談にいったんだよ。だめもとで。

担当した警官は、ひとまず話はちゃんと聞いてくれた。
でもま、案の定、「聞いてくれるだけ」って感じでね。
終いには「削除依頼はした?」とか見当違いな助言とか…
(依頼も何も削除するの自分だし、その削除の手間がすでに実害...)

結局
「今度、名指しで『殺す・襲う』など脅迫にあたる
 文言があった場合は記録し、また相談にきてください」∠( `-´ )ビシッ

とだけ言われ、スゴスゴ帰ってきた。これも案の定。
でも最初の一歩。もともと布石程度のつもりだったからヨシとした。

とはいえ、何もせず放っておいても、今まで通り続くだけ。
対応せざるを得なくって。ブツブツ言いながら重い腰をあげた。
あれこれ調べ、荒らし特定モジュールをサイトに組み込んだ。
わざわざ。相当な時間割いて(実害)

そして、ついにその時がきた。

 さくらい海老しんじゃえぶっころす(8月4日 21:59)

“名指しの脅迫”に当たる書き込み事案発生…
気が進まないながら対応するに至った。

そのままログ持参で警察に駆け込んでも良かったけど、
ひとつだけひっかかってる事があった。
それは内容の稚拙さから未成年かもって懸念。
そのへんは配慮するのよ。大人なので。一応。

で、これまでの「シカト削除」の方針を破り、
はじめて荒らしくん宛に掲示板で話しかけた。たった一言。

 某県か

↑"某県" は伏せ字、実際は県名を書いた。
特定モジュールで割り出した荒らしくんが住む県名だ。
荒らしくんにしてみれば、さぞヒヤッとした事だろう。
なんせ「どこの誰だか分からない」って事につけ込んで、
好き放題、荒らしまくってるつもりだったんだから。

手の平を返したように

 失礼なことを言って本当にごめんなさい!

 どうか許してください!

 傷つけてしまい、本当にすみませんでした!

 しね、ぶっころすなどの発言は撤回します!

 通報だけは、やめてください!

あーもー、うるさい、やかましい、うっとうしい。

あまつさえ…

 しかし自分は「ぶっこるす」を言った覚えはないのですが…。
 自分が言ったのは「しね」のみです。

 もし自分の思い違いで、言ったのであれば…すみません。
 通報だけはしないでください!

「しね」ならいいのか っていうね…
保身しか頭にない。(=_=;) 最悪の言い逃れ。

その後も、口先だけの謝罪の “ポーズ” を矢継ぎ早。
それを連投されるのも迷惑だし、いちいち消すのも面倒。

とりえずメールで送ってくるよう促しても

 メールは使えません。すみません。

……… Σ(>皿<;)

んだーっ! なんだコイツ! 面倒っくせぇ!

警察に丸投げした方が絶対楽だコレッ!ヽ(`Д´)ノ


という衝動をなんとか抑え、サイトとは別にチャットを設置。
わざわざ。時間割いて(実害) そっちで話を聞く事にした。
全ては「未成年かも」という可能性のためだけに、である。

チャットに移った途端、サイトの掲示板と同じ、
通り一遍の空写しを連投してきた荒らしくん。

 きっちり反省し今後に活かしていきます!

 誠に申し訳ありませんでした!

 反省し二度とこのようなことはしません!

 心から誓います!

全部、記号に見える。安い反省、安い誓い、何一つ響かない。

それらを一切意に介す事なく、聴取開始。
努めて事務的に。極めて淡々と。

最初の質問

(1)何歳?
(2)何人でやってた?
(3)それ親のパソコン?
(4)荒らした理由なに?
(5)荒らして楽しかった?
(6)サニムニの一番好きなゲームなに?

 とりあえず答えて。
 質問以外の事は書かなくていい。
 嘘ついたり、適当書くと、事態が悪化する。
 今後の対応は、回答次第。


回答

(1)13,14才
(2)二人
(3)親のPCです。

(4)と(5)は、相変わらず、どうでもいい定型文。
(6)は、素直に好きなゲームを答えていた。
これは何が好きかというより何を選択するかが重要だった。心理ゲーム的な意図あっての質問。

未成年確定… (´=д=`) あーもー

想定してはいたとはいえ、いざ未成年と判明すると、
複雑な気分だった。早まって警察行かなくてよかったと思う反面、
いっそ未成年のふりした大人の方が気分的には楽だったな、と。

とにかく、未成年となれば、あとは親御さんとの話になる。

次の質問

 どれがいい? 三択。

(A)警察に連絡して指導してもらう。
(B)学校に連絡して指導してもらう。
(C)保護者に連絡して指導してもらう。

 回答しないと自動的に(A)になるから。


回答は当然

(C)

こちらとしても未成年って時点で、
元より(A)(B)は勘弁してやるつもりだったが、
「自分で選択させる」という事が必要だった。

最後の仕上げ

 <今後の手順>
(1)親御さんに自分達のした事を正直に話す。
(2)荒らしのログを見せて状況を正確に理解してもらう。
(3)親子でちゃんと話し合い指導してもらう。
(4)親御さんに報告のメールを送ってもらう。
(5)親御さんとぼくが電話で直接話す。

 メールには氏名・連絡先(電話番号)を書いてもらう事。
 ちゃんとした対応で、誠意が感じられれば、これで終了。

ハイ完了これまで!
あとは親御さんに監督不行き届きの謝罪と指導の徹底の約束とりつけ、
一件落着、終わり終わり。はーちかれた寝よ。

と、なるはずだった。なるはずだったのに…

ところが!

荒らし対応顛末記(2)へ続く

posted by さくらい | Comment(0) | 日常 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。